Yahoo!JAPANカードの引き落とし時間と間に合わなかった時の返済方法についてまとめました。

引き落とし日(27日:休日は休み明け)だけど、うっかり口座入金するのを忘れてしまう方も少なくありません。

Yahoo!JAPANカードの引き落とし時間はいつ?当日入金は大丈夫?

間に合わなかった時の返済や生じる問題もあわせて、ぜひチェックしましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

Yahoo!JAPANカードの引き落とし時間はいつ?

  • 引き落とし時間は金融機関で違う
  • 支払日の当日入金は間に合わない可能性がある
  • 引き落とし確認をする時は金融機関へ問い合わせ

Yahoo!JAPANカードの引き落とし時間は、引き落とし口座の金融機関で違います。

それは各金融機関ごとで「引き落とし方法」が違うためです。

金融機関の引き落とし方法は、以下の3通りになります。

  • 引き落とし日の0時~深夜5時ごろ順次処理
  • 引き落とし日の指定時刻に処理
  • 引き落とし日に何回か処理を行う

主要金融機関の引き落とし時間については、以下のとおりです。

「+」をタップすると表示されます
【主要金融機関の引き落とし時間について】
金融機関 1回目 2回目
みずほ銀行 0時~深夜4時 夜間
ゆうちょ銀行 9時~順次 夜間
三菱UFJ銀行 1時~順次 19時以降
りそな銀行 0時~順次 19時以降
三井住友銀行 0時~順次 24時
セブン銀行 0時~順次 24時
イオン銀行 0時~順次 夜間
楽天銀行 5時~順次 19時以降

※金融機関の支店によって異なる場合があります
※引き落とし回数が1回のみの場合があります

Yahoo!JAPANカードと金融機関の提携内容によって、引き落とし回数や時間帯は変動します。

そのため、引き落とし回数が1回のみだった場合は、当日入金をしても間に合わないので気をつけてください。

ですので、Yahoo!JAPANカードの引き落とし日前に、支払い口座へ入金しておきましょう。

ちなみにYahoo!JAPANカードでは、再引き落としを行っていないので注意が必要です。

 

すぐに返済できるのは「銀行振り込み」

Yahoo!JAPANカードの引き落としが間に合わなかった場合は、いずれかの方法で返済する必要があります。

  • 銀行振り込み
  • 振込用紙

銀行振り込みで返済する場合は、カード会社の指定口座へ振り込みになります。

振込用紙では、コンビニや銀行など返済ができますが、届くまでに数日かかります。

ですので、すぐにYahoo!JAPANカードの返済をしたい方は、「銀行振り込み」で引き落としが間に合わなかった返済を行いましょう。

 

引き落としできなかった返済をしたらいつ反映される?

  • 利用再開や利用可能額の反映には2日~1週間ぐらいかかる

Yahoo!JAPANカードの引き落としできなかった返済をしても、すぐに反映される訳ではなりません。

Yahoo!JAPANカードの引き落としできなかった返済をしてから、2日~1週間ぐらいで反映されます。

引き落としできなかった返済をしたら、カード会社が入金確認をした後になります。

なので、返済後に土日や祝日があった時には、利用再開や利用可能額の反映に時間がかかる場合があるので理解しておきましょう。

引き落としが間に合わなかった時にやってはいけないこと

  • 何も対応しなければ状況は悪化していく

Yahoo!JAPANカードの引き落としが間に合わなかった場合は、何も対応しないことは絶対にしてはいけません。

「引き落としができなかった」=「期限までに支払いできなかった」とカード会社は判断します。

そのため、「遅延」状態となり、さまざまなペナルティが生じます。

  • 遅延損害金
  • 利用停止
  • カード会社の催促
  • 利用可能枠の減額
  • 強制解約の可能性
  • ブラックリストに載る可能性

何も対応しないまま時間が過ぎていけば、「Yahoo!JAPANカードが使えない」「遅延損害金の発生」など状況は悪化していきます。

そのまま対応しない状況が続けば、「カードの強制解約」「ブラックリストに登録される」などの可能性もあるので注意が必要です。

 

引き落としできなかったらどのくらい延滞金がかかるのか

  • 「返済金額」「実質年率」「遅れた日数」で遅延損害金の金額が変動する

Yahoo!JAPANカードの引き落としができなかった時は、延滞金である遅延損害金が発生します。

この遅延損害金は、「返済金額」「実質年率」「遅れた日数」によって金額が変動します。

遅延損害金の実質年率
ショッピング:14.6%
キャッシング:20.0%

遅延損害金の計算方法
遅延損害金 = 返済金額 × 実質年率 ÷ 365(日) × 遅れた日数
※うるう年の場合:365(日)→366(日)

たとえば、ショッピングの返済金額が2万円で引き落とし日から4日返済が遅れた場合。
※遅延損害金の実質年率:14.6%/うるう年でない年

20000(円) × 14.6% ÷ 365(日) × 4(日) = 約32(円)

上記のような状況だった時の遅延損害金は、「約32円」です。

早めに返済できれば遅延損害金の金額も少額ですが、返済が遅れるほど金額が増額してきます。

なので、早めにYahoo!JAPANカードの返済を行いましょう。

引き落としできなかったらクレジットカード会社の影響(記録)と個人信用情報はどうなる?

  • カード会社に記録が残りマイナス評価になる場合もある
  • 他社が個人信用情報を確認する時期によって影響が生じる可能性がある

Yahoo!JAPANカードの引き落としができなかった場合は、カード会社に記録が残ります。

これにより、Yahoo!JAPANカードの更新や限度額の増額などの審査で、不利になる可能性があるので理解しておきましょう。

また、個人信用情報への影響は、すぐに返済することができれば影響はありません。

ただし、個人信用情報の照会内容では、「最新入金日/確認日」「入金予定日」という項目があります。

通常どおりYahoo!JAPANカードの引き落としが行われれば、「最新入金日/確認日」「入金予定日」は同じ日付になります。

しかし、引き落とし日と返済した日が違う場合は、「最新入金日/確認日」「入金予定日」の日付がずれる場合があります。

そのため、他社のクレジットカード会社が、個人信用情報を確認する時期によっては悪影響が生じる可能性があるかもしれません。

Yahoo!JAPANカードの引き落とし口座の入金忘れを防ぐためのポイント

  • 給与が振り込まれる口座へ登録口座を変更する
  • 引き落とし日前までに口座への入金予定を立てておく
  • 銀行カードローンを利用する

Yahoo!JAPANカードの引き落とし口座での入金忘れを防止する場合は、上記のいずれかで対策しましょう。

何も対策をしていなければ、また入金忘れをする危険性があります。

なので、引き落とし口座への入金忘れを防ぐためにも、しっかり対策をしておきましょう。

給与が振り込まれる口座へ登録口座を変更する

引き落とし口座への入金忘れを防止したい時は、給与が振り込まれる口座へ登録口座を変更しておきましょう。

毎月引き落とし口座へ入金をしていると、またお金を入れ忘れる可能性があります。

給与が振り込まれる口座へ変更したら、毎月引き落とし口座へ入金する手間も解消できます。

引き落とし日前までに口座への入金予定を立てておく

引き落とし口座への入金忘れを防止したい時は、引き落とし日前までに口座への入金予定を立てておきましょう。

引き落とし口座を変更したい方は、しっかりと口座入金の予定を計画しておくことが重要です。

計画どおり口座入金するのを忘れることのないよう、カレンダーやスマホのリマインダーアプリなので予定を管理すると良いでしょう。

銀行カードローンを利用する

引き落とし口座への入金忘れを防止したい時は、銀行カードローンを利用するのも有効です。

Yahoo!JAPANカードの引き落とし口座で銀行カードローンの契約を行えば、引き落とし口座の残高不足であっても銀行カードローンのサービスが補填してくれます。

あとあと銀行カードローンの支払いがありますが、残高不足によってYahoo!JAPANカードの支払いが遅れる心配を解消できます。

銀行カードローンを申し込みしたい方は、Yahoo!JAPANカードの引き落とし口座を開設した銀行窓口で相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法