SuicaとPASMOはどっちがお得で便利なのか?についてご紹介します。

電車やバスなどで使えるSuicaとPASMOどちらがいいか?迷っている方も多いのではないでしょうか。

SuicaとPASMOはどっちがお得で便利?SuicaとPASMOそれぞれの違いは?

知っておきたい情報をまとめたので、ぜひ確認してください!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

SuicaとPASMOはどっちがお得で便利?

  • SuicaのほうがPASMOよりお得で便利!

SuicaとPASMOでは、「Suica」のほうがお得で便利です。

それぞれの違いについて後ほどご説明しますが、Suicaの方がクレジットカード還元率や加盟店舗数が多いです。

また、PASMOではスマホ対応していないため、スマホのお財布ケータイを使いたい方は、モバイルSuicaが利用できる「Suica」の利便性が高いです。

もしも、SuicaとPASMOのどちらがいいか迷っている方は、「Suica」を選ぶことをおすすめします。

SuicaとPASMOは相互利用が可能

SuicaとPASMOは、どちらもエリア内での電車やバスで相互利用できる電子マネーになります。

駅での改札機やバスの精算機をチャージしたSuicaやPASMOでタッチすれば、その場での精算やきっぷ購入の手間を省略できます。

とはいえ、『相互利用できるSuicaとPASMOにはどんな違いがあるの?』という疑問が浮かんだ方も多いのではないでしょうか?

SuicaとPASMOの違いについて

Suica PASMO
発行元 JR東日本 私鉄・地下鉄9社
加盟店舗数 約38.8万店舗 約5万店舗
クレカ還元率 1.50% 0.5~1.0%
スマホ利用 対応 未対応
払い戻し 手数料あり 無料

発行会社

SuicaとPASMOでは、サービス提供している発行会社が異なります。

  • Suica:JR東日本
  • PASMO:私鉄・地下鉄など大手鉄道9社

それぞれ相互利用できるSuicaとPASMOですが、発行元の違いによって他にもサービスや利用場所などに違いがあります。

加盟店舗数

SuicaとPASMOでは、それぞれの加盟店舗数に違いがあります。

種類 加盟店舗数
Suica 約38.8万店舗
PASMO 約5万店舗

※2017年3月現在

Suicaの加盟店舗数は、約38.8万店舗と多くの店舗で利用可能です。

Suicaに比べると、PASMOは5万店舗とまだまだ少ない印象があります。

クレジットカードの還元率

SuicaとPASMOでは、クレジットカードの還元率が異なります。

種類 カード名 チャージ還元率
Suica VIEWカード 1.50%
PASMO To Me CARD 0.50%
OPクレジットカード 0.50%
東急カード 1.00%

SuicaをVIEWカードでチャージした場合の還元率は1.5%です。

そして、PASMOを「To Me CARD」「OPクレジットカード」「東急カード」などでチャージした場合の還元率は0.5~1.0%になります。

スマホでの利用

SuicaとPASMOでは、スマホ利用の有無が違ってきます。

Suicaでは、モバイルSuicaアプリを利用することでスマホのお財布ケータイを使うことが可能です。

しかし、PASMOは、残念ながらスマホ対応してないためモバイルサービスを利用できません。

払い戻し時

SuicaとPASMOでは、払い戻しをする時に手数料の有無が異なります。

Suicaでは払い戻しする時に、手数料として220円が生じます。

しかし、PASMOでは払い戻し時の手数料は発生しません。

スポンサーリンク
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法