オリコカードの引き落とし時間と間に合わなかった時の返済方法などについて解説します。

オリコカードの引き落としは毎月27日ですが、うっかり口座入金するのを忘れてしまう時もありますよね。

オリコカードの引き落とし時間はいつ?当日入金は間に合うの?

間に合わなかった時の対処法もあわせて、ぜひチェックしましょう!

■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

オリコカードの引き落とし時間はいつ?当日入金は間に合うの?

オリコカードの引き落とし時間は、引き落とし口座の金融機関で異なります。

それぞれの金融機関で引き落としのやり方が異なり、引き落とし時間も違ってくるためです。

金融機関の引き落としのやり方は、以下の3種類になります。

  • 引き落とし日の0時~深夜5時ごろに処理する
  • 引き落とし日の指定時刻に処理する
  • 引き落とし日に何回か処理がある

そして、主要金融機関の引き落とし時間は、下記のようになっています。

「+」をタップすると表示されます
【主要金融機関の引き落とし時間について】
金融機関 1回目 2回目
みずほ銀行 0時~深夜4時 夜間
ゆうちょ銀行 9時~順次 夜間
三菱UFJ銀行 1時~順次 19時以降
りそな銀行 0時~順次 19時以降
三井住友銀行 0時~順次 24時
セブン銀行 0時~順次 24時
イオン銀行 0時~順次 夜間
楽天銀行 5時~順次 19時以降

※金融機関の支店によって異なる場合があります
※引き落とし回数が1回のみの場合があります

オリコカードと各金融機関の提携内容で、引き落とし回数時間帯が異なってきます。

もしかすると、あなたの引き落とし口座では引き落とし回数が1回の場合もあります。

そのため、オリコカードの引き落とし当日に入金した場合は、間に合わない可能性があります。

なので、引き落とし口座へ入金する時は、余裕を持って入金しておきましょう。

ちなみにオリコカードでは、再引き落としが行われています。

ただ、オリコカードの再引き落としには、数日待たなければならないので注意が必要です。

 

すぐに返済できるのは「銀行振り込み」

オリコカードの引き落としができなかった時は、以下のいずれかで支払いましょう。

  • 銀行振り込み
  • 再引き落とし
  • 振込用紙(ハガキ)

ただし、「再引き落とし」「振込用紙(ハガキ)」で返済する場合は、オリコカードの返済するのに数日待つ必要があります。

なので、早めにオリコカードの返済をしたい場合は、「銀行振り込み」が一番早く返済できます。

 

引き落としできなかった返済をしたらいつ反映される?

オリコカードの引き落としができなかった返済をした場合には、返済方法によって反映されるタイミングが異なります。

返済方法 反映時期
銀行振り込み 当日~翌営業日
再引き落とし 3営業日ぐらい
振込用紙(ハガキ)

「銀行振り込み」で引き落としができなかった返済をした時は、当日~翌営業日(午前中~14時までに振込した場合)に利用可能額へ反映されます。

また、「再引き落とし」あるいは「振込用紙(ハガキ)」で引き落としができなかった返済をした時は、3営業日ぐらい反映するのに時間がかかります。

なので、早めにオリコカードの利用可能額へ反映したい場合は、「銀行振り込み」で返済すると良いでしょう。

引き落としが間に合わなかった時にやってはいけないこと

オリコカードの引き落としが間に合わなかった時には、そのまま放置するのは危険です。

引き落としが間に合わなかった時は、「遅延」状態になります。

「遅延」状態になってしまった場合は、さまざまなペナルティがあります。

  • 遅延損害金
  • 利用停止
  • カード会社の催促
  • 利用可能枠の減額
  • 強制解約の可能性
  • ブラックリストに載る可能性

遅延のペナルティは、オリコカードの返済が遅れるほど厳しくなっていきます。

何も対応しなければ、「オリコカードが使えない」「会社や自宅に催促の電話がかかる」などのペナルティがあるので気をつけてください。

引き落としできなかったらどのくらい延滞金がかかるのか

オリコカードの引き落としできなかったら、延滞金の「遅延損害金」を支払う必要があります。

遅延損害金の金額は、「支払い金額」「実質年率」「遅れた日数」で変わってきます。

遅延損害金の実質年率
ショッピング:6.0~14.6%
キャッシング:18.00%

遅延損害金の計算方法
遅延損害金 = 支払い金額 × 実質年率 ÷ 365(日) × 遅れた日数
※うるう年の場合:365(日)→366(日)

たとえば、ショッピングの返済金額が3万円で引き落とし日から5日返済が遅れた場合。
※遅延損害金の実質年率:14.6%/うるう年でない年

30000(円) × 14.6% ÷ 365(日) × 5(日) = 60(円)

上記のような場合の遅延損害金は、「60円」になります。

遅延損害金の金額自体は少額ですが、そのままに対応しなければ利用可能枠の減額などのペナルティになる可能性があります。

なので、すぐにオリコカードの返済ができるように対処しましょう。

引き落としできなかったらクレジットカード会社の影響(記録)と個人信用情報はどうなる?

オリコカードの引き落としができなかった場合は、オリコカード側の記録が残ります。

すぐに返済できれば問題ありませんが、支払い遅れは限度額の増額や有効期限の更新時の審査に不利になる可能性があります。

また、個人信用情報についても、すぐに返済すれば問題ありません。

しかし、個人信用情報の照会内容には、「最新入金日/確認日」「入金予定日」という項目があります。

通常どおりオリコカードの引き落としができれば、「最新入金日/確認日」「入金予定日」の日付は一致します。

もし、引き落とし日と引き落としできなかった返済をした日が違うと、「最新入金日/確認日」「入金予定日」の日付は一致しません。

なので、他社のクレジットカード会社があなたの個人信用情報を照会するタイミングによっては、悪影響が生じる可能性があります。

オリコカードの引き落とし口座の入金忘れを防ぐためのポイント

オリコカードの引き落とし口座の入金忘れを防ぎたい場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 給与口座に引き落とし口座を変更しておく
  • 口座入金する予定をしっかり立てておく
  • 銀行カードローンを使う

何も対策をしなかった時は、またオリコカードの引き落とし口座へ入金忘れする可能性があります。

ですので、しっかりと対策をしておくことが重要になります。

給与口座に引き落とし口座を変更しておく

給与口座と引き落とし口座を別々にしていると、口座入金を忘れてしまう可能性が高くなります。

給与口座とオリコカードの引き落とし口座を同じにしておけば、入金忘れを防ぐことができます。

それに加えて、毎回口座のお金を入金し直す手間も省略できます。

口座入金する予定をしっかり立てておく

給与口座とオリコカードの引き落とし口座を同じにできない場合は、しっかりと入金予定を立てておきましょう。

入金予定日を忘れてしまう可能性がある場合は、カレンダーやリマインダーアプリなどを活用して忘れないように工夫することが大切です。

なるべくオリコカードの引き落とし日ギリギリではなく、余裕を持って口座入金するようにしておきましょう。

銀行カードローンを使う

銀行カードローンを使えば、残高不足の心配を解消できます。

オリコカードの引き落とし口座で銀行カードローンを契約すれば、残高不足分を銀行カードローンが補填してくれます。

あとで銀行カードローンの支払いは発生しますが、残高不足でオリコカードの引き落としができないという心配をせずに済みます。

銀行カードローンを申し込みする場合は、引き落とし口座を開設した銀行窓口へ相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク
■<PR>あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
管理人の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法