セゾンカードの解約(退会)方法と注意点についてまとめました。

セゾンカードを解約したいけど、どうすればいいか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

どうすればセゾンカードを解約できる?セゾンカードを解約する時の注意点は?

解約時に起こるトラブルを回避するためにも、セゾンカードの解約前には必ずチェックしておきましょう!


スポンサーリンク


セゾンカードを解約する方法

  • セゾンカードを解約したい時は「電話」「店頭窓口」のどちらか
  • カードの種類によって「連絡先」「店頭窓口」が異なる場合がある
  • Netアンサーからは解約手続きができない

セゾンカードを解約する時は、以下のいずれかでしましょう。

  • 電話(インフォメーションセンター)
  • 店頭窓口(セゾンカウンター)

ただし、セゾンカードの種類によっては、連絡先や店頭窓口が異なる場合があるので気をつけてください。

また、会員ネットサービスの「Netアンサー」からは、セゾンカードの解約手続きができません。

ですので、セゾンカードを解約したい時は、「コールセンターに電話する」「店頭窓口へ来店する」のいずれかで解約手続きをしましょう。

電話でセゾンカードの解約をするやり方

電話でセゾンカードの解約をする時は、「インフォメーションセンター」に電話しましょう。

インフォメーションセンター
【連絡先】0570-064-133
※国際電話/IP電話の場合:03-5996-1111または06-7709-8000
【受付時間】24時間自動音声(オペレーター 9:00~17:00)
【休業日】1/1

「インフォメーションセンター」には、オペレーター対応時間9:00~17:00までにしましょう。

オペレーターに「セゾンカードを解約したい」旨を伝えれば、解約手続きが可能です。

だたし、セゾンカードの種類によっては、連絡先が異なる場合があります。

たとえば、セゾンブルー(ゴールド・プラチナ)・アメリカン・エキスプレス®・カードの連絡先は「《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードデスク:0120-399-930」。

「ローソンPontaカードVisa」の連絡先は、「セゾンインフォメーションセンター ローソンデスク:0570-064-766」になるので注意してください。

店頭窓口でセゾンカードの解約をするやり方

店頭窓口でセゾンカードの解約をする時は、「セゾンカウンター」に来店しましょう。

「セゾンカウンター」で解約手続きをする時に、必要なものは以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 解約するセゾンカード

セゾンカウンターの場所や営業時間は、セゾンカードの公式サイトで調べられます。

ただし、セゾンカードの種類によっては、店頭窓口が異なります。

たとえば、「クラブ・オン ミレニアムカード セゾン」は、「西武各店クラブ・オンクレジットカウンター・そごう各店ミレニアムカードカウンター」。

「タカシマヤセゾンカード」は、「タカシマヤカードカウンター」になるので気をつけてください。

セゾンカードを解約する時に注意すべきこと

セゾンカードを解約する時は、以下のことに注意しておきましょう。

  • 永久不滅ポイントが使えなくなる
  • ETCカード・家族カードが使えなくなる
  • 月々の支払いはほかの支払い方法に変更しておく
  • 短期解約は新規クレジットカードを作れなくなる可能性
  • カードの利用残高が残っている場合は月々の支払いがある

軽い気持ちでセゾンカードの解約手続きをすると、さまざまな問題が発生してしまいます。

セゾンカードを解約してもトラブルが発生しないように、しっかり注意点を押さえておきましょう。

永久不滅ポイントが使えなくなる

セゾンカードを解約すれば、永久不滅ポイントが使えなくなります。

ですので、永久不滅ポイントが残っている場合は、セゾンカードの解約前に使っておきましょう。

ETCカード・家族カードが使えなくなる

セゾンカードを解約をすれば、ETCカード・家族カードが使えなくなります。

ETCカード・家族カードは、セゾンカードの付帯しているサービスになるので、セゾンカードを解約が済むと、すぐに利用できなくなります。

ですので、セゾンカードの解約前に乗り換え予定のクレジットカードを先に申し込みしておくと良いでしょう。

セゾンカードの解約手続きは、乗り換えるクレジットカードが届いてからすれば安心です。

月々の支払いはほかの支払い方法に変更しておく

セゾンカードの月々の支払いをしていた場合は、解約前にほかの支払い方法に変更しておきましょう。

セゾンカードを解約すれば、携帯(スマホ)代や公共料金など月々の支払いができず延滞(滞納)になる危険性があります。

ですので、セゾンカードの解約をする前に、支払い方法の変更手続きを済ませておきましょう。

短期解約は新規クレジットカードを作れなくなる可能性

セゾンカードを作ってから6ヶ月以内に解約した場合は、新しくクレジットカードを作れなくなる可能性があります。

クレジットカードの申し込み・解約は、信用情報機関に記録されてカード会社や金融機関などは、クレジットカードなどの情報を共有しています。

クレジットカードを早期解約すれば、ほかの理由であっても「クレジットカードの入会特典目当てではないか」と判断される可能性が高いです。

ですので、セゾンカードを作って6ヶ月以内の方は、半年経過するのを待ってから解約手続きをしましょう。

カードの利用残高が残っている場合は月々の支払いがある

セゾンカードのショッピングやキャッシングの利用残高が残っている場合は、月々の支払いは継続します。

セゾンカードを解約したからといって、利用残高の支払いがなくなる訳ではありません。

ですので、うっかり返済に遅れないように気をつけてください。

セゾンカードの引き落とし口座には、早めに入金しておくことをおすすめします。

まとめ

  • セゾンカードを解約したい時は「電話」「店頭窓口」のどちらか
  • カードの種類によって「連絡先」「店頭窓口」が異なる場合がある
  • 解約する時に注意すべきこと
    ・永久不滅ポイントが使えなくなる
    ・ETCカード・家族カードが使えなくなる
    ・月々の支払いはほかの支払い方法に変更しておく
    ・短期解約は新規クレジットカードを作れなくなる可能性
    ・カードの利用残高が残っている場合は月々の支払いがある

セゾンカードを解約する時は、「電話」「店頭窓口」のどちらかで手続きしましょう。

ですが、セゾンカードの種類によっては、「連絡先」や「店頭窓口」が異なるので気をつけてください。

また、解約手続きをする前には、「永久不滅ポイントの利用」「新しいクレジットカードの申し込み」「月々の支払い方法の変更手続き」などを済ませておきましょう。

スポンサーリンク