ビューカードの返済が利用可能額に反映される期間についてご紹介ます。

クレジットカードを使っていたら、返済がどのくらいで利用可能額に反映されるのか気になりますよね。

ビューカードの引き落としが利用可能額に反映されるいつ?反映されない場合はどうすればいい?

気になる情報を分かりやすくまとめたので、ぜひチェックしましょう!

ビューカードの引き落とし日について

  • ビューカードの引き落とし日は月末締めの翌々月4日
  • 引き落とし日が休日だった場合は翌営業日になる
  • ご利用明細書が利用月の翌月20日ぐらいに送付される

ビューカードの引き落とし日は、月末締めの翌々月4日になります。

もしも、引き落としの4日が土日や祝日だった時には、休日明けの平日に変更されるので理解しておきましょう。

ちなみにご利用明細書は、利用月の翌月20日ぐらいに郵送されてきます。

とはいえ、ビューカードの引き落としはいつ頃に利用可能額へ反映されるのでしょうか。

ビューカードの引き落としが利用可能額に反映されるのはいつ?

  • 基本的にビューカードの利用可能額が反映されるのが引き落とし日の翌日
  • 金融機関によっては利用可能額に反映されるのがお引き落とし日から2~7日ぐらいかかる
  • 分割払いやリボ払いの場合は手数料を除いた金額がご利用可能額に反映される

ビューカードの引き落としが利用可能額に反映されるのは、基本的に引き落とし日の翌日になります。

ですが、引き落とし口座の金融機関によって利用可能額に反映される期間が違ってきます。

引き落としの金融機関によっては、ビューカードの利用可能額に反映されるのにお引き落とし日から2~7日ぐらいかかるので理解しておきましょう。

余談になりますが、支払い方法を分割払いやリボ払いにしている場合は、引き落とし金額から手数料(利息)を除いた金額が利用可能額に反映されれます。

ビューカードの利用可能額が反映されない時はどうすればいい?

  • 利用可能額が反映されない時は「ビューカードセンター」に問い合わせ
  • ビューカードセンターに電話する際はオペレーター対応時間にする
  • 「カード番号」「暗証番号」を用意しておく

ビューカードの利用可能額が反映されない時は、「ビューカードセンター」に問い合わせましょう。

ビューカードセンター
【連絡先】03-6685-7000
【オペレーター対応時間】9:00~17:30

ビューカードセンターに問い合わせする時は、オペレーター対応時間(9:00~17:30)にしましょう。

ビューカードセンターに電話したら、はじめに自動音声が流れます。音声ガイダンスに従って操作しましょう。

オペレーターには「引き落とし日から1週間以上経っても利用可能額に反映されないんですけど・・・」と状況を伝えましょう。

確認のためにオペレーターから「カード番号」「暗証番号」などを聞かれる場合があるので用意しておくと良いでしょう。

まとめ

  • ビューカードの引き落とし日は月末締めの翌々月4日
  • 基本的にビューカードの利用可能額が反映されるのが引き落とし日の翌日
  • 利用可能額が反映されない時は「ビューカードセンター」に問い合わせ

ビューカードの引き落とし日は、月末締めの翌々月4日です。

基本的にビューカードの利用可能額が反映されるのは、引き落とし日の翌日になります。

金融機関によってはお引き落とし日から2~7日ぐらいかかる場合もあるので理解しておきましょう。

もしも、ビューカードの利用可能額が反映されない方は、「ビューカードセンター」に問い合わせして理由を究明した方が良いでしょう。